Javaが高需要で求人・案件数が豊富な理由

Javaは世界中で採用されている言語です。汎用性の高さからも、プログラミング言語の中でも人気があります。そんな中でも、常に進化するIT業界では、どれほど需要があるのか気になる人もいるのではないでしょうか。
実際Javaは、PythonやJavaScriptなどの他の人気言語よりも需要の高い言語と言われており、トレンドの流れが急速に変わる言語でも、Javaは比較的安定した求人数を誇っています。さらにJavaは求人だけでなく、フリーランス向けの案件もたくさんあります。そのため将来的にはフリーランスになることを考えているエンジニアにもJavaはおすすめです。
ですが何故ここまでJavaの求人・案件は多いのでしょうか。その理由を2つご紹介します。他の理由も知りたい人はこちらの詳細情報を御覧ください。

1つ目の理由としては前述のとおり、汎用性の高さが挙げられます。大規模なシステム開発、Androidアプリ、Webアプリ、IoT、ブロックチェーン・ソフトの開発ほか、さまざまな分野で活用できるのがJavaです。
中でも、スマホ文化が根付いてきた現代社会では、アプリ開発が今後も盛んであると言えます。日本のスマホ市場では、iOS人気が根強いと言われていますが、海外ではAndroidの需要が高いこともあり、世界的に見ても需要は安定していると考えていいでしょう。Javaは日本だけでなく、ワールドワイドに活躍したい方は理解を深めておきたい言語です。

そして歴史が古く世界中で使用されていることが、Javaの求人・案件数が多い2つ目の理由です。歴史がある分、信頼性の高さやメジャーな言語ということが証明できます。
求人数に関しては、歴史が深いことでJavaを使った育成ノウハウが企業で仕上がっており、人材を育てやすいことも影響しているといえるでしょう。