フリーランスになる前の準備

本格的にフリーランスになることを考えているのであれば、独立する前にやっておきた準備があります。

たとえば貯金です。フリーランスになってすぐは収入が少なく、フリーランスとして稼いだお金だけで生活できるようになるまでには、1年程度かかると言われています。そのため1年は収入がなくても過ごせるように、独立前に貯金しておきましょう。
なお貯金は独立後も継続することが大切です。フリーランスは収入が不安定であるため、月によってはその月の収入だけでは生活できない可能性があります。厚生年金や退職金もないため、老後に備えた貯金も必要です。

独立前にやっておきたい準備としては、賃貸やクレジットカード、銀行口座などの契約も重要。先に述べたようにフリーランスは収入が不安定であるため、契約者に経済的な安定性を求める賃貸やクレジットカード、銀行口座などの審査が通りづらくなります。社会的信用がある会社員のうちに、これらの契約を済ませておきましょう。

そして人脈づくりもやっておきたい準備の一つです。人脈が広ければ広いほど、仕事を得られる可能性が高まります。知り合いであればすでにある程度の信頼関係が築けているため、うまくいけば継続して仕事を獲得することも可能です。
しかし中には人と関わることが苦手な人もいるでしょう。人と関わる機会を減らすためにフリーランスになりたいと考えている人にとって、人脈づくりは難しいもの。そういう人はクラウドソーシングやフリーランス向けの案件紹介サービスを利用するという方法があります。これらを利用すれば人脈がなくても仕事を得ることが可能です。ただし案件単価が安いなどのデメリットもあるため、可能なら人脈づくりをおすすめします。